MENU

予防が何より大事です。だって次々できるんですから。

首や顔、脇などにできる小さいポツポツ、つまりスキンタッグです。

 

スキンタッグの原因は、

  • 老化
  • 皮膚の刺激
  • 紫外線

でしたね。

 

この原因を知っていれば、予防対策もできますよね。

 

原因を見ればわかるのですが、スキンタッグは何の予防をしなければ、どんどんイボの数は増えていきます。

 

治療して、イボが取れたとしても、また新しいイボができてしまいます。

 

今、首にあるイボが取ることだけを考えればいいわけではないんです。

 

スキンタッグには、予防対策がとても大事になってきますね。

 

 

スキンタッグの予防方法。

老化に対する予防。

 

それってムリっと思ってしまいますよね。

 

歳を取らないなんてムリですし。
でも、肌の年齢を若返らせることはできます。

 

肌にも年齢があり、肌が生まれ変わるスピードがあります。
これを肌のターンオーバーと言います。

 

年齢を重ねると、ターンオーバーのサイクルは長くなります。
これを短く元に戻してあげなくてはいけません。

 

マッサージをしたり、スキンケアで、サポートしましょう。

 

スキンタッグは、古い角質が正体です。
なので、ターンオーバーの力で、肌の外へ排出することを目指します。

 

最近では、スキンタッグをケアする化粧品もあります。
普段の化粧品を、こういったイボのケアができるものに変更します。

 

それだけでも、イボケアできてしまいます。

 

そして、刺激です。

 

肌へに刺激もなかなか防ぎようがありません。

 

服を着ないわけにもいきませんし、肌どおしが触れ合わないわけにもいきません。

 

刺激に弱くなっている肌は、乾燥している状態です。
ですので、肌への保湿を行います。

 

特にスキンタッグができている場所は、保湿をちゃんと行うようにしましょう。

 

きちんと肌が保湿されていれば、刺激に強い肌になります。
乾燥は、スキンタッグだけでなく、多くの肌トラブルの元になります。

 

美肌のためにも、保湿は重要なポイントです。

 

最後の紫外線です。

 

夏の時期だけでなく、年中紫外線対策を行うようにしましょう。
外出するときは、日焼け止めや日傘を使用します。

 

紫外線は、肌へ長期間影響を及ぼします。

 

「今、浴びた紫外線が、数年たってスキンタッグになる。」
ということも考えられます。

 

めんどくさがらず、日焼け対策はきちんと行いましょうね。

 

特に夏の時期は、念入りに日焼け対策を行ってくださいね。

 

 

以上が、スキンタッグの主な予防対策です。

 

難しいことはありません。

 

スキンタッグが新しくできないようにするためにも、予防はキチンと行っていきましょうね。