MENU

それって危険?イボコロリをスキンタッグに使うなんて!

スキンタッグは老人性イボとも呼ばれていますよね。

 

市販薬に「イボコロリ」という商品がありますが、スキンタッグには使用できるのでしょうか?

 

知らないと危ないイボコロリの注意点をご紹介しますので、しっかりチェックしておきましょう!

 

イボコロリはスキンタッグにも使えるの?

イボロコロリは横山製薬から販売されているイボ用の商品ですよね。

 

液体タイプと絆創膏タイプが有名ではないでしょうか。

 

商品名を見るとイボがいかにも簡単に取れそうなイメージなので、試してみたくなる人も多いと思います。
ですが、実は要注意なんです!

 

イボコロリの液体タイプと絆創膏タイプはスキンタッグには使えません。
なぜなら、成分が強力すぎるのです・・・。

 

イボコロリの液体タイプ・伴奏タイプの主な成分は「サリチル酸」。

 

このサリチル酸で角質を強力に軟化させてイボを取り除くという仕組みなんです。

 

イボを中心に皮膚を溶かすとイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。
もしもイボコロリの液体タイプや絆創膏タイプを皮膚の柔らかい部位に使うと火傷痕のようになる可能性もあるんですよ。
だから絶対に使用しないでくださいね。

 

メーカーの説明書にも、老人性イボに使用しないようにはっきりと明記されています。
また、次の部位にも使用しないように明記されているので、スキンタッグか分からないイボでも次の部位には絶対に使用しないことをおすすめします。
@顔面、目の周囲や唇、粘膜など。
A首などの皮膚のやわらかい部分。
B炎症又は傷のある患部。

 

スキンタッグにも使えるイボコロリって無いの?

現時点でイボコロリの外用剤の中にはスキンタッグに使えるものはありません。

 

たとえ角質を軟化する成分を弱めにしても、やわらかい部位や顔などに使用するにはリスクが高いからかもしれませんね。
ただ、イボコロリには内服薬タイプがあります。

 

でもこちらはみなさんがイメージしているものとは違うかもしれませんね。

 

主な成分は「ヨクイニン」で、分かりやすく言うと「ハトムギ」です。

 

直接スキンタッグを除去すると言うより、漢方的な考え方で体内環境を整え、スキンタッグが出来にくい肌にする仕組みです。

 

イボがコロリと短期間で取れるわけではなく、長期的な服用が必要不可欠な商品ですね。

 

 

イボコロリをスキンタッグに使えるか気になっていたあなた、参考になったでしょうか?
まとめると、みなさんがよく知っている液体タイプ・絆創膏タイプの外用剤は絶対使用不可、内服薬は使用可能ということになります。
知らずに使っちゃうと危ないので、しっかり覚えておいてくださいね!